左翼テロ宗教団体カトリックと大内純子による強制起床の送信の傷害と心理的虐待。改宗の強制。

ミレーのリュックはもう嫌なのでネットでノーブランドで安いのを探していた。色を替えてノーブランドの安いのを何種類も持つのが肝要。ブランド品は絶対にダメ。外でいつも俺を盗撮しているカトリックや朝鮮人の映画監督北野武らの映画関係に盗撮されすぐサンドイッチマンの広告塔にされる。カトリックの低能女がリュック=女といってしつこい。大内がいつもの見下す口調で「天川村で一番安いやつね」と送信してきた。自分が見つけた修験道の救いを盗聴している奴らに暴露している。カトリックの貧民の作家がまたこれを金に替えようとしている。強い絶望感を感じた。何をやっても奪われる。売られて大衆化されて陳腐化される。俺が始めた登山が今大流行。大峯山の日本固有の宗教の修験道に注目したことに対して先手を売ってカトリックがそれを潰そうとしている。これどうして医者が外してくれないのか?なぜ助けてくれないのか?「精神科に行け」とか医師はどこまで嘘をつくのだ?俺が日本の医者に何をしたというのだ?なぜ日本の医師は医道と人道に反してなぜ左翼のカルト宗教カトリックの人間家畜化・奴隷化に加担するのだ?日本の医者はみなカトリックの手下か?カトリック医学に頭があがらないのはなぜだ?父は吉祥寺の松井外科(松井検診クリニック)の聖マリアンナ医大の医者に殺されている。

「公安調査庁」と送信。嘲笑。公安調査庁ではないということ。公安警察と思わせるため。違う。侵略者ローマ法王の反日のカトリックだ。

「ダメだったかもしれない」ノーベル賞がダメだったということ。子どもに言い聞かすような口調。坂繁巳の嘲笑の口調だ。大内が坂とつながっている。野方の大内の家があった場所にはスーパーサカガミ。坂が丸山眞男の跡継ぎツラして世界のカトリックで枢機卿並みにデカいツラしているのだろう。坂・中村・無能な大内と俺に関わった奴はみんな無能でありながら丸山のコネで世界的評価を受けて権力者になっている。アムウェイやってた国立音大の調律師の高橋隆元はアムウェイクリストフ・フォン・ドホナーニに拾われて今、聖光学院俺オーケストラの指揮者だとよ。品川交響楽団とか霞が関交響楽団でも指揮者だとよ。指揮者なんかにはならないが俺だけが今も奴隷にされて苦しめられている。丸山眞男とローマ法王の幼稚な懲罰、俺だけに煮え湯を飲ませ続ける見せしめ。丸山たちは俺が最も才人だということを知りながら絶対に評価せず奴隷にして搾取。

断定口調なのが坂そっくり。大内は坂大先生とあがめて真似をしているのでは。みんな教祖のミニコピーになる。坂と中村が大内を洗脳して俺を拷問させて才能をかすめ取る専属要員に仕立てたのだろう。俺は大内を知っているからわかるがこういう悪事を自分から考えて利益を得るために俺を裏切ることができるような悪事の才能を持った女じゃない。俺に対する憎しみを坂に植え付けられたのだろう。坂も天然パーマだし大内も百済人が祖先のヨツということでカトリック部落解放異端革命同盟といったところだろう。いずれにしろオリジナリティと自発性が皆無で没個性の大内純子。まだ俺に勝てない。ゴミ。丸山ゆか里と庄司薫に作家にさせてもらっていい気になってる無能なバカ。自意識過剰のバカがなりたがる職業=作家。

「ひも状のもの」「カトリックの子孫といわれる人は持ってる」と送信。俺の持ってる数珠をカトリックのロザリオといってる。これがファシズム。世界最大の宗派のカトリック信者全体で日本の宗教と文化を改変して捏造。女性天皇もそれ。日本にはない異質。女性天皇にするなら天皇制を廃止すべき。それでバカ愛子は都知事とか総理大臣になればいいじゃないか。女の殿様というのはいなかったのだから・・もしいたら異様だろ。アマゾネスじゃあるまいしそういうの日本文化じゃないだろ。だから女性天皇制もそれ。日本は女がボスのアマゾン土人の国じゃない。

「カトリックの子孫といわれる人は持ってる」送信したことが俺にバレると(眠くて送信されたことに気づかずそれが無意識下に入って洗脳されないよう起きて意識化すると)隣の家からギイーと机を引きづるような音。送信ではなく隣から響く現実の音(5:40)

「(元に)戻っちゃい〜」と大内が嘲笑の歌の送信。でも言い方が中村雅俊のそれ。下層の男言葉。バカコピー大内。中村のアムウェイカルトというところは、カトリックというファシストのカルトというところは、俺に対する敵意を集団で募らせるばかりで大内個人の俺に対する感情というのは消失している。昔一緒に遊んだ記憶に照らして今こんなに虐待していいかどうかという倫理判断が消えてる。クラシックのファシストとはそういうもの。カトリックというファシストとはそういうもの。思想という全体主義はそういうもの。丸山眞男思想という全体主義とはそういうもの。

大内とカトリックの貧民に金をやるくらいならノーベル賞欲しくないからそれでいい。俺は高1からよく聞いていたがバカ兄は全然知らなかったボブ・ディランが嫌々ノーベル賞を受け取らされて「お前のはロックじゃなく歌詞があるから文学だ、(バカ兄が聞いていた)チック・コリアだ。ジャズだ」と認めさせられて自分のロックのコンサートの冒頭にベートーベンの曲をかけさせられるような作家とクラシックファシストと法王の言いなりの恥は嫌。ユダヤ人なのにネオナチの言いなり・・そうまでして金貰うなよ。犬っていわれるぜ。

きのう上皇と上皇后が軽井沢に行ったというから俺の受賞は流れたのだろう。以前からもし引っ越すなら軽井沢と決めていたから早く大内のいる東京からでて軽井沢に行けといいたいのだろう。

Bob Dylan東京公演会場の住友不動産の東京ガーデンシアターがロック公演の直前にクラシックをかけた非常識な演出の犯人であることが明白だ。教皇フランシスコが来日したとき住友不動産半蔵門駅前ビルで講演(説教)しているので住友不動産がネオナチでカトリックだ。ボブ・ディランがコンサートの第一声の直前に「Jude〜!」(ユダ公!)と罵声が浴びせられディランがたじろぎつつ歌を歌いきる感動的な録音(録画)が有名だが、この日の公演はそれを思い出させた。会場にマッチョのハゲ(スキンヘッズ)のネオナチ風のがいてディランのピアノの弾き方に腹を立てたのか途中で席を立ったし、カトリックやプロテスタントの女が好きなバロック音楽みてえなハードロックのTシャツ着た場違いな連中もいたし妨害はいつものことだとディランも気にしなかったのかもしれない。でも5万円もチケット代払ったのにクラシックを聞かされたのは頭にくる。ふざけんな。

まあボブ・ディランを含めて日本人をバカにしてるってことだと思うね。ちょうどこのときバフェットが来日しててて日本の総合商社の首脳と会って「日本の株を買ってます!皆さんもどうぞ!」と日本人に向けていってたが今ボロボロに下がってるだろ。売ってると思うね。下値で買う風もねえし。ユダヤ人は売り逃げるの早いから注意してってここに書いただろ。今やっぱりハメられたって思ってる日本人はいるだろ。同じ業界でロックとクラシックが対立するってこともありえねえし。まあ5万円もしたチケット代金返して欲しいね。返さねえだろうけど。

俺は大内のカスやカトリックの貧民にやるくらいだったらノーベル賞はいらねえよ。喜多川より汚ねえホモペドのローマ教皇フランシスコのケツ舐めさせられるのも嫌だし。俺は送信と思考盗聴をやめてくれるなら、バイオハッキングチップを外してくれるならノーベル賞もらってもいいと思っただけで大内が毎晩俺を虐待して書かせて賞を取らせようとしてるんだったら本末転倒だ。賞金稼ぎさせられる奴隷じゃない。俺を苦しめてる奴にはビタ一文やらない。暴力団カトリックの脅しに屈して金を渡さない。

うるせえな平安貴族みたいのが百人一首してる動画を送信するな大内。(起床中だが目をつぶると見える )殺すぞ大内のバックの愛子。反日のカトリックの皇室は殺していいって八幡神がいってる。日本のためだ。死んでもらう。接近したら俺が愛子を殺す。それしか結婚の強制をやめさせる方法がない。それで刑務所行くからいい。お前と日本侵略者の教皇フランシスコには絶対に俺の超能力は渡さない。生きててもしょうがねえし。

東海大小の女の顔に皿と紙袋の送信。そんなの名前忘れた。どうでもいい。東海のせいにしてるが違う。それ卒業アルバムの写真を加工して送ってるだけじゃねえか。データがそれしかねえんだろ。大内だ。カトリックだ。

「金城湯地」

これではっきりした。ノーベル賞受け取っても俺から監視装置外さないで働かせるつもりだ。ノーベルアカデミーがぐるだ。賞の受領は拒否する。金は奪われ次の賞に向けて働かせられるだけだ。東海じゃ「金城湯地」なんて言葉知らねえからな。「鎌倉は証券会社の金城湯地」といった俺からその言葉盗んだだけで作家気取りのバカ大内と牛尾と上川の静岡雙葉だろ。イエズス会だろ。田園調布雙葉の皇后雅子だろ。侵略者イエズス会の。日本文化をたたき潰して天皇になろうとしているキリスト教徒の愛子と雅子。天皇が悪い。天皇が売国奴だ。女性が天皇になれるよう皇室典範の改正に動くどころか乱暴にも男性天皇制が原則の伝統日本文化そのものを破壊してキリスト教文化に置き換えて外人を味方につけて何が何でもでも愛子を天皇にしようとしている。右翼の有志は天皇を殺せ。日本人のための日本が滅ぶぞ。

(追記:一部ネットメディアに悪用されたので天川村の記事と写真を削除した。10/13)

未分類
atsumiをフォローする
大石敦巳の主張と要求Ⓒ2019 ATSUMI OISHI All rights reserved このブログは写真を含め大石敦巳が著作権を所有している.すべてが事実でありフィクションはまったくなく小説や作り話ではない.断じて作家などにはさせられない.このブログの無断出版を絶対に許さない.著作権と出版権の侵害でただちに訴える.

コメント

タイトルとURLをコピーしました