女が犯人. 警察が犯人でなく警察の女が犯人. 皇室が犯人でなく女の皇室が犯人.

「皇室の女の前で俺が服を脱ぐ」などという愚劣な内容の送信を就寝中に受けたがこれは大内純子を含む警察の女が作って送信している. それが警視庁公安部とは限らず生活安全課や皇宮警察の女性警官も犯人だ. 警察が犯人というより警察の女が犯人だ. 性的で愚劣な内容の送信は相当程度実在する皇室の女の意向を受けているようだ. 高窓宮承子がジョコビッチと揶揄されるほど相当な淫売である事実がよく知られているように皇室の女のモラルの低さは疑いなく女の淫売警官にそそのかされて愛子や佳子や眞子や三笠宮彬子が欲望を露骨に表わして我慢できず俺に結婚を強制しているものと思われる. 丸山眞男の左翼女性(異端)革命思想に汚染された宮内庁の女や皇宮警察の女の与えた環境の悪さが皇室のモラル低下の原因だと考えられる. 皇室の男ではなく女が悪い. 男として皇室にわずかに残った上皇と天皇と秋篠宮と悠仁は一致協力して男として正しい皇室を守るべき. それ以外全員が女性の皇室が女性化するのは必然だが女が伝統的な男性天皇制を破壊し日本を西洋化し, イギリスに有利で日本人に不利益な女性天皇制=女王制を始めようとしている. 俺のことをさんざん「女」であると決めつけて愚弄しているのも逆にいえば俺が登山やマラソンする「男」であっては彼女らが困るからだ. 男たちが底力を出して一致協力して女に対抗されては困るからだ. 男性警官や自衛官を含む気骨のある日本人の男たちが力を合わせて男性天皇制を継続し女性天皇制を実現しようとしている愛子や佳子や三笠宮彬子や高窓宮や雅子や上皇后を排除し天皇の正統な後継者である秋篠宮と悠仁を天皇にするべきだ. 女性天皇制になったら日本にとって最も困る点は日本が軍事的に弱体化することだ. 戦前の天皇を中心にした戦争はよくないが天皇制が続く以上戦争になったら日本人は天皇を国家の中心に据えて戦うのが明白だ. 戦時の天皇は強く頑健な男性天皇でなければならずクラシックとか文学とか和歌とかいってる女のごときが天皇では自衛隊も日本人も敵軍に腰抜け呼ばわりされかねない. 戦時の民族の精神的支柱が女であっては絶対に戦えない. 北朝鮮が日本にミサイルを撃ち続けている今それは喫緊の課題でもし着弾すれば開戦する可能性が高い. 日本に日本軍を作らせたくない米英や日本と激突する可能性が高い中国・北朝鮮・韓国はもろ手を挙げて女性天皇制にエールを送り雅子の外務省チャイナスクールの出身者や雅子の卒業したハーバード大のアメリカ人や丸山真男シンパばかりの外務省の閨閥や小和田の国連を使って強力に女性天皇制を実現させようとしている. これら売国宦官官僚や女性警官を抑制できない政治家や男性警官が無能だというほかない. 毎晩俺を安眠妨害で苦しめ地域に悪評を振りまいて監視迫害差別しているのはすべて女性たちでありもう男は身内や同僚であれ女を信用してはならない. そういう時代になった. 女は女と自分の利益のために男を裏切る. 大内純子がそれだ. 佳子と愛子が親しげにしているという報道があったが佳子の内心は弟の悠仁を天皇にしたくなく愛子や三笠宮彬子の女性を天皇にさせたいのが本心だろう. またあわよくば「女性天皇の輪番制」で自分も天皇になりたいと思っているだろう. この女という愚劣な力, 世界を腐敗させ解体に向かわせる力, それはイルミナティとも呼ばれる. その元締はどこにいるのか?王族皇族やバチカン・社会主義者どもの連合体がそれにあたると思われる. 皇室は伝統的に女性社会で女のほうが地位が高いのはよく知られた事実であるし北朝鮮のボンクラ息子の金正恩を動かしているのは女であると断定できるし中国も女が非常に強い. そういう女性という最大の異端勢力による男性に対する全世界的な革命が今進行中で男性は心してかからないと男性が獲得してきたすべての地位も財産も名誉も知識も女性に奪われることになり女尊男卑の時代がやってくるだろう. 何をどういおうが肉体を始めとして男性のほうが個人的能力が高いのは事実でありその意味で男性に対する女性の革命は左翼革命であり社会主義革命だ. 俺は思想をよく知らないし知りたくもないがイルミナティ思想というのは丸山真男らの腐れ左翼思想から派生した奇形の社会主義思想だろう. 宮内庁や皇宮警察らの宦官役人による悠仁に対するゲイ化工作に要注意だ. 女はそういう悪辣で陰険で執念深い工作に心血を注ぐ. 俺の高校の卒業アルバムを奪い当時読んでいた女性グラビア雑誌を奪い大石が男性であった記憶を消し去りおネエ言葉を使わせ女性との接触を禁止し女に困ったら肛門を使うよう誘導するゲイ化工作に心血を注いできたのが北朝鮮の丸山真男の弟子の中村恭己だった.

 

未分類
atsumiをフォローする
大石敦巳の主張と要求Ⓒ2019 ATSUMI OISHI All rights reserved このブログは写真を含め大石敦巳が著作権を所有している.すべてが事実でありフィクションはまったくなく小説や作り話ではない.断じて作家などにはさせられない.このブログの無断出版を絶対に許さない.著作権と出版権の侵害でただちに訴える.

コメント

タイトルとURLをコピーしました