(2024/1/10 21:40)

「大石は相場で自立できない」と送信があったから、ここの奴らがなぜ俺を貧乏と言っているかといえば、やっぱり俺に相場の能力があると知られてしまうと、その才能を無視(バカで無理解)して作家というゴミの職業だの、クラシックというヤクザ者とホモのやる仕事だの、教師だの俳優だの押し付けてやらせようとしてきた丸山眞男・ゆか里の信用が丸つぶれになるからなのな。ここの奴らと創価と皇室とそれに同じる世界中のバカ投資家は、たったそれだけの理由で俺が貧乏で生活保護を受けているとまだ嘘を流布して既成事実化しようとしているのな。これが権威というものの醜さだ。学問と宗教の権威というもののあさましさだ。

今朝から日本株が急上昇したが、きのうの俺のNY株に対する弱気を否定するために世界中で動かしていることが明白だ。でも日本株は上がるだろう。NY株を買いにくい投資家が日本株を買っている。俺も今朝から大量に買った。ある意味では割安といえるだろう。なにせ1989年バブル天井の38900円をまだ更新していないのだからな。

しかしこの間アメリカのSP500は大体14倍になっている。NYダウ30でも14倍くらい、NASDAQはなんと84倍、マイクロソフト株なら598倍になっている。だから日本株はゴミでしかない。天皇制日本もゴミでしかない。

俺はアメリカ株に投資してきたしこれからもそうする。日米のこの差に日本の明確な衰退が表れている。バブルの頃世界一だった日本の家電は今はもう見る影もないし、70年代まで世界一だった造船産業も消えた。自動車産業だけ残ったがEV遅れでこれも没落は必定だ。ガソリン車製造の雇用を守りたいばかりにEV化に遅れ、その結果近い将来裾野の広い東海地方の自動車産業(部品産業・トヨタの下請け)は壊滅する。すでに中国市場で日本車の一人負けが始まっている。NVIDIAがMicrosoftなど世界の巨大企業に仲間入りしたことはアジア人として誇らしいことだが日本人としては恥ずかしい。MS-DOSの時代から台湾企業は日本企業が尻込みするパソコン製造に果敢に乗り出し、マザボやグラボの製造技術を蓄積してきた。当時台湾のCOMPUTEXを見に行こうと思っていたくらいだから台湾の先進性をよく覚えている。それが実ったといえるし、長く見てきたNVIDIAやAMDのファンなのだが、日本は完全に引き離されてしまったと恥を感じる。(NVIDIAが搭載されたPCを使っているが最も負荷をかける動画処理は圧倒的に早い。やはり売れるのもよくわかる。ただNVIDIA株はクセがあり新高段をつけたとたん急落することも多いから注意) 中国の台湾侵攻の危険性を避けるためTSMCの巨大工場が九州の菊陽町に進出してきたが、町は活気に湧いているようだが、もはや日本人が台湾人に頭を下げて「雇ってください」という時代になったということを日本人は知るべきだ。台湾人なんて野球選手か中華料理屋だろ、とバカにするのはもうやめなければならない。

だから日本株に魅力は全然ないのだが、アメリカ株が買えないとき投資家はアジア株に目を向ける周期性がある。今がそのときだろう。だから今日本株を買うのはいいかもしれないが、長期投資するならやっぱりアメリカ株をお勧めする。今後日本株はバブル高値の38900円を更新する前に反落し、また信用期日の半年休んでまた出直しということが続くのではないか?本当に安心して日本株が買えるのは、バブル高値を更新してはっきり右肩上がりの相場に入ったと確認してからにするべきだ。去年バフェット日本商社株買いブームで日本株は上がったがすぐ売られて約半年休んで今出直ってきたわけだ。だから今は買いなのだが、こういう理屈は相場に素人の丸山眞男やや盗聴盗視中村創価の丸山一派のクズ学者にはわからないことだが、今の買いも逃げ足が早いだろうから注意すべきだ。俺はきょうもこまめに売って利益を確定している。きょうの相場は買いの主体の外人が後場から売りまくって今度は下げで儲ける予定だったのではないか?それに気づいて売り玉を建てるとまたたく間に反転した。とにかく俺が買えば下がり売れば上がるという状況が続いている。こういう卑怯なこと、財務省や日銀の役人の他、大和証券・シティなど大企業の反日女性皇室バカ愛子支持者の投資家が協同してやっているのだと思う。特に親戚のバカ谷口将樹(母親の妹の長男。父親は三菱電機勤務。当然三菱なので創価系でかつ栄光学園卒なのでカトリック。35年会ってない。連絡もしてない)の東大や、その師匠の舛添要一とか、丸山系の三谷太一郎とかその弟子の木っ端役人とか、丸山の留学先のオックスフォード大とか、何より皇后雅子の東大・ハーバード大が、丸山の権威を守るたの組織防衛で俺を潰すためだ。丸山を潰すとぜんぶ芋づる式に東大が潰れていまうからだ。このへんが独立した芸術家と、学者というあくまで大学の一片のレンガでしかない立場の違うところだ。丸山眞男とよく比べられる吉本隆明を批判しても、このように大学・学校全体、日本全体、東京都全体、港区全体、麻布全体で俺をリンチするようなことはないだろう。丸山眞男なんて、一皮剥けば戦前の日本軍と同じ鉄拳制裁・集団リンチ体質。「丸山さんは東大の陰に隠れて言いたい放題言っている」と丸山眞男は吉本隆明に批判されている。

それから丸山眞男によく似ていると言われていたのが作家の司馬遼太郎。亡くなったのが同じ年。その年のNHKの年末の『今年亡くなった人』の特番が『司馬遼太郎と丸山眞男』。司馬は「日本人は外(外国)からの視点がなさすぎる」と、『内と外』の丸山と全く同じことを言っていた。丸山の父は著名新聞記者。司馬はサンケイの記者出身で、ジャーナリスティックな視点がまったく同じ。どっちがどっちをマネしていたということはないと思うがほとんど同じことを言ってる。ただし評論家にすぎない丸山眞男と、時代小説という創作をした司馬とは格が違う。読みつがれる作品を残した点で司馬の方が上。俺は丸山とはまったく別個に司馬には注目していて、亡くなったときの朝日の特集本を買って読んだ。そこで司馬は「天皇制はその役割を終えたと思います。天皇制は廃止すべきです」とはっきりいっていた。あの『坂の上の雲』で明治時代と明治天皇を評価した司馬がだ。司馬の天皇制否定発言は重みがあった。まだ30代始めの俺に大きな影響を与えたことはいうまでもない。

ばく大な税金を浪費して、政府が俺に買い向かい、売り向かっている。きょうからトレードを全部録画するのでいずれ公開する。たった独りの俺をイジメ、こんな愚かなこと、やっぱり精神病の丸山眞男とその一派がやっている、政府が国家予算を浪費して俺を生活保護を受けているとかいってる、とわかるとため息がでる。映画界の井川大輔の先輩の北野たけしが「俺の年金少ねえんだよ、涙がでちゃう・・」と年金受給者の俺を攻撃している。べつになんとも思わないけどね、外人さんだし。俺はPCはLGのgramだしスマホはSAMSUNGなので韓国を尊敬しているが昔から日本にいる在日韓国人はあさましいし貧乏なのが多いね。でもなんと愚かな国なんだろう、なんと愚かな学者どもなんだろう、なんと無用な天皇制と日本人なのだろう、と思う。権威というもの、巨大だがこれ以上はないほどの醜さ。学者と宗教家という人類の敵。やっぱり日本から脱出するしかないようだ。天皇がやってるんじゃ・・・・

日本株は当面真空地帯をするすると上がるだろう。でも外人はどこかに売りポイントを定めていて、そこに達すると一気呵成に売ってくるだろう。CFAやHFTといったものは、一秒間に数万回同じ銘柄を売買して小刻みに利益を積み上げていく。ある価格まで達すると逆回転させて売りで利益を積み上げていく。長期投資ではないからトレンドに乗ればどっちに動いてもいいわけだ。これを株式・商品・為替で同時に動かしてトレンドを作って大儲けしている。だからきょうは午後から日本株売り、円買いに動くと予想したのだが、俺に逆向かいしてまだ日本株買いのトレンドを続けているわけだ。これがいつ反転するかはわからない。でも日経平均はボックス圏を抜けたので当面は安心だろう。まだ過熱感もない。どうしても日本株が好きな人は買うべきだろう。

さてこれだけの相場予想、丸山一派に書けるか?谷口、お前に書けるか?お前に会った1990年以前から、俺はずっと相場で生きてきたのだぞ。だから何でも知ってる。お前ら青二歳の東大のゴミ学者にはわからないことがわかる。相場予想も書けねえのに俺のことを無能だとか自立できないといってんだろ。毎日俺の考えを盗んで創価の百済人大内純子や中村兄弟は知ったかぶって相場評論で稼いでいるくせに。

警視庁公安部が絵を描いて集団を動かしてやってるのが確実だが、でもたった独りの無実の個人に対してここまで国家予算を浪費して執拗にやるのかとは思うね。怨恨を感じる。天皇と汚物の雅子だ。バカの麻布は集団ヒステリーのよう。まさに魔女狩り。超能力が怖いから。怖いから俺にによこせと天皇と警視庁公安部がいってる。

食事作ろうとしたら警視庁公安部がサザンの「・・・・は愛のコトダマ」と送信してきた。違う、天皇だ。学生のバカ愛子ごときに世界を動かす力はねえよ。天皇が俺を標的にして世界を動かしてやってるんだよ。ゴマかすすな警視庁公安部と天皇。

「セルフダーティコントロール」って送信するな警察。汚物愛子と結婚して自分でコントロールしろという意味だろ。警察だ。全部警察がやってる。やめさせろ岸田。やめさせられないんならお前がやめろ。

未分類
atsumiをフォローする
大石敦巳の主張と要求Ⓒ2019 ATSUMI OISHI All rights reserved このブログは写真を含め大石敦巳が著作権を所有している.すべてが事実でありフィクションはまったくなく小説や作り話ではない.断じて作家などにはさせられない.このブログの無断出版を絶対に許さない.著作権と出版権の侵害でただちに訴える.

コメント

タイトルとURLをコピーしました